絵画の冒険

小林康夫 著

たった一枚の絵のなかに途方もない"激しさ"が潜んでいる。ジョットからウォーホルまで。テクストを明かりに、人間の魂の"激しさ"にふれ、本質に迫るもうひとつの美術史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ルネッサンス(絵画とは何か?-序論
  • 絵画の誕生-自然を師として ほか)
  • 2 バロックからロマン主義へ(バロックの襞-演劇性と響き
  • 鏡と墓-絵画による絵画論 ほか)
  • 3 モデルニテ(犯罪あるいは無関心-モデルニテの誕生(1)
  • "衝撃"の美学・"表面"の輝き-モデルニテの誕生(2) ほか)
  • 4 絵画の"爆発"(コンポジションと感情(1)-絵画の悪魔祓い
  • コンポジションと感情(2)-魂vs.精神、立ちのぼる音楽 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絵画の冒険
著作者等 小林 康夫
書名ヨミ カイガ ノ ボウケン : ヒョウショウ ブンカロン コウギ
書名別名 表象文化論講義

Kaiga no boken
シリーズ名 Liberal Arts
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2016.6
ページ数 323p 図版14p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-13-083068-3
NCID BB2155999X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22764826
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想