まちづくりの哲学

蓑原敬, 宮台真司 著 ; 代官山ステキなまちづくり協議会 企画・編集

幸福が訪れない世界で、私たちはなぜ明日もう一日生きてみようと考えるのか?まちづくりとは、希望を場所に刻印することなのだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 まちづくりとは何か(空間が異方的なまち
  • 身体化した感覚地理 ほか)
  • 第2章 よいまちとは何か(都市におけるアート
  • 耳元に戦ぐ琉球の風 ほか)
  • 第3章 よいまちは実現するか(身体的領域の外側へ
  • ルソーとシュミット ほか)
  • 第4章 まちづくりは幸福を実現するか(塀がないから安全だ
  • 期待し合わない人々 ほか)
  • あとがきにかえて-まちづくりイベントに降臨したメルツバウ(私たちはいまどんな時代を生きているか
  • 音体験は時代につれて大きく変わりゆく ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 まちづくりの哲学
著作者等 代官山ステキな街づくり協議会
宮台 真司
蓑原 敬
代官山ステキなまちづくり協議会
書名ヨミ マチズクリ ノ テツガク : トシ ケイカク ガ カタラナカッタ バショ ト セカイ
書名別名 都市計画が語らなかった「場所」と「世界」

Machizukuri no tetsugaku
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2016.6
ページ数 411,7p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-623-07590-4
NCID BB21609624
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22764988
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想