それでも、日本人は「戦争」を選んだ

加藤陽子 著

膨大な犠牲と反省を重ねながら、明治以来、四つの対外戦争を戦った日本。指導者、軍人、官僚、そして一般市民はそれぞれに国家の未来を思いなお参戦やむなしの判断を下した。その論理を支えたものは何だったのか。鋭い質疑応答と縦横無尽に繰り出す史料が行き交う中高生への5日間の集中講義を通して、過去の戦争を現実の緊張感のなかで生き、考える日本近現代史。小林秀雄賞受賞。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本近現代史を考える
  • 1章 日清戦争-「侵略・被侵略」では見えてこないもの
  • 2章 日露戦争-朝鮮か満州か、それが問題
  • 3章 第一次世界大戦-日本が抱いた主観的な挫折
  • 4章 満州事変と日中戦争-日本切腹、中国介錯論
  • 5章 太平洋戦争-戦死者の死に場所を教えられなかった国

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 それでも、日本人は「戦争」を選んだ
著作者等 加藤 陽子
書名ヨミ ソレデモ ニホンジン ワ センソウ オ エランダ
シリーズ名 新潮文庫 か-77-1
出版元 新潮社
刊行年月 2016.7
ページ数 497p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-120496-3
NCID BB2151713X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22745900
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想