罪刑法定主義と刑法思想

吉川経夫 著

罪刑法定主義そのものないしはその必然的な系としての刑法の厳格解釈論に関するものを中心にまとめた第1部、そして4編の座談会で構成する第2部、3編の翻訳(いずれもドイツ語)を集めた第3部から成る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 論説(罪刑法定主義
  • 日本における罪刑法定主義の沿革
  • ボアソナードと罪刑法定主義
  • 刑法解釈の要点
  • 刑法解釈の超法規化-罪刑法定主義との関連において ほか)
  • 第2部 座談会(刑法学の新しい展開
  • 現代刑法の思想
  • 刑事法理論史研究の現代的課題-『刑法理論史の総合的研究』から考える
  • 尊属殺と現代の親子問題)
  • 第3部 翻訳(形而上学のない刑罰
  • 刑法改正の現代的意義
  • 比較法と人権)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 罪刑法定主義と刑法思想
著作者等 吉川 経夫
書名ヨミ ザイケイ ホウテイ シュギ ト ケイホウ シソウ
シリーズ名 吉川経夫著作選集 / 吉川経夫 著 第2巻
出版元 法律文化社
刊行年月 2001.2
ページ数 479p
大きさ 22cm
ISBN 4589024721
NCID BA50565558
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20164515
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想