父の遺言

伊東秀子 著

七三一部隊に多くの中国抗日活動家を送った罪で特別軍事法廷で裁かれた父-上坪鉄一。日中戦争の戦犯たちの「認罪」の記録は今を生きる我々に何を物語っているのか。戦争における「加害」の傷痕。人間にとって戦争とは何か。人が人として生きるとは、どういうことか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 1945年8月15日敗戦
  • 2 日本人戦犯たちの中国撫順での処遇と教育
  • 3 日本人戦犯たちの「認罪」
  • 4 中国から帰った戦犯たちのその後-「中帰連」の活動
  • 5 日本軍が「満州国」で行ったこと
  • 6 特高警察と憲兵の支配した「満州国」-関東憲兵隊
  • 7 七三一部隊
  • 8 「三光作戦」
  • 9 父の行った戦争犯罪
  • 周桂香先生からの手紙

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 父の遺言
著作者等 伊東 秀子
書名ヨミ チチ ノ ユイゴン : センソウ ワ ニンゲン オ キョウキ ニ スル
書名別名 戦争は人間を「狂気」にする
出版元 花伝社 : 共栄書房
刊行年月 2016.6
ページ数 276p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7634-0775-7
NCID BB2176023X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22764829
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想