山之口貘詩集

山之口貘 [著] ; 高良勉 編

結婚願望や貧乏生活、あるいは故郷沖縄のなつかしい風景やビキニ核実験を描いたものなど、推敲に推敲を重ね、ユーモアにみちた滋味掬すべき詩を書き続けた詩人山之口貘のエッセンス。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『思辨の苑』(むらさき出版部、一九三八)(襤褸は寝ている
  • 加藤清正 ほか)
  • 『定本山之口貘詩集』(原書房、一九五八)(喪のある景色
  • 世はさまざま ほか)
  • 『鮪に鰯』(原書房、一九六四)(野次馬
  • ひそかな対決 ほか)
  • 『新編山之口貘全集』(第1巻 詩篇)(思潮社、二〇一三)(吾家の歌
  • あわてんぼう ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山之口貘詩集
著作者等 山之口 貘
高良 勉
書名ヨミ ヤマノクチ バク シシュウ
書名別名 Yamanokuchi baku shishu
シリーズ名 岩波文庫 31-205-1
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.6
ページ数 260p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-312051-4
NCID BB21429178
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22750165
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想