なぜ意識は実在しないのか

永井均 著

誰にでも共通にあるとされている「意識」や「心」とはいったい何だろうか?そもそも、それは本当に実在しているのだろうか?古くから謎とされてきたこの難問に、著者独自の独在論と言語哲学・分析哲学のアプローチから挑む。時間との類比や言語の本質への考察から、われわれが「現実」と考えているものの根拠を問い直す。親しみやすい講義形式で好評の単行本版の内容をさらに一新、進化した永井ワールドを読者に提供する全面改訂版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1日 なぜ意識は哲学の問題なのか(心なんて一般的なものはない
  • 脳と意識の関係は他のどんな関係にも似ていない
  • 時間との類比を試みてみよう ほか)
  • 第2日 なぜわれわれはゾンビなのか(現象的と心理的の対比は累進する
  • 論理的付随と自然的付随を隔てるもの
  • チャーマーズの二次元的意味論 ほか)
  • 第3日 なぜ意識は志向的なのか(人称化と時制化による客観的世界の成立と志向性
  • 知覚経験はいかにして志向的となるか
  • 志向性と内包をつなぐもの ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ意識は実在しないのか
著作者等 永井 均
書名ヨミ ナゼ イシキ ワ ジツザイ シナイ ノカ
書名別名 Naze ishiki wa jitsuzai shinai noka
シリーズ名 学術 350
岩波現代文庫 350
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.6
版表示 改訂版
ページ数 194p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-600350-0
NCID BB21427296
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22754625
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想