手塚マンガの不思議

竹内オサム 著

手塚治虫ってだれ?なぜ手塚マンガは時代を越えて人々を魅了してきたのか。そのナゾを解くべくさまざまなマンガをとりあげて検討。作品に表現されたさまざまなイメージをたどりながら、優れた創作家が共通して持つ格闘の跡を浮きぼりにした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 科学的知性と神話の枠組み「魔法屋敷」「地球を呑む」「きりひと賛歌」
  • 2 ロボットと人間の悲劇「鉄腕アトム」
  • 3 空と海の想像力「キングコング」「ピピちゃん」「鳥人大系」「海のトリトン」
  • 4 ストッキングのエロティシズム「ジャングル大帝」「地球を呑む」「アラバスター」「やけっぱちのマリア」
  • 5 不変の母と変容する女性「ロストワールド」「キャプテンKen」「ブラック・ジャック」「三つ目がとおる」
  • 6 分身の発想「妖怪探偵団」「リボンの騎士」「白いパイロット」「黄金のトランク」
  • 7 虫の生活「地底国の怪人」「人間昆虫記」「ZEPHYRUS」
  • 8 戦争と終末の予感「来るべき世界」「地球の悪魔」「0マン」「アリと巨人」
  • 9 幼年マンガと劇画「チッポくんこんにちは」「ガムガムパンチ」
  • 10 映画的手法・再考「新宝島」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 手塚マンガの不思議
著作者等 竹内 オサム
書名ヨミ テズカ マンガ ノ フシギ
出版元 晃洋書房
刊行年月 2016.6
ページ数 246p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7710-2706-0
NCID BB21585592
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22829700
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想