デマとデモクラシー

辻元清美 著

その是非をめぐって国論が大きく割れた、二〇一五年の「安保法制」特別委員会。当時、安倍首相や防衛大臣から辻褄の合わない答弁を最も多く引き出したひとりの著者は、一方で政権与党から「デマ」に基づいた攻撃も受けた。そもそも長年にわたり根拠のないネット上の中傷に苦しめられてきた著者が、なぜ今になってデマに本気で立ち向かおうと考えたのか。デマに浸食されている民主主義を取り戻すためには、どうすればよいのか。小林よしのり氏、内田樹氏との特別対談も収録。立場を超えて守るべき価値を語り合った。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「デマ」に浸食される政治(ネットの誹謗中傷が視界に入るまで
  • デマ1 カンボジアで自衛官に乱暴な言葉を投げつけた ほか)
  • 第2章 ドキュメント・「安保法制」特別委員会(強行採決の日
  • 質疑二日目に飛んだ首相のヤジ ほか)
  • 第3章 小林よしのり×辻元清美「改憲・護憲を超えて」(「辻元清美?嫌いでしたねえ〜」
  • 左右両陣営からのバッシング ほか)
  • 第4章 内田樹×辻元清美「"成長経済"から"定常経済"へ」(国家の株式会社化と自己責任論
  • 「私人」化する政治家 ほか)
  • 第5章 デモクラシーとわたし(「民主主義って、何だ?」
  • 脱原発運動から批判を浴びたときに ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 デマとデモクラシー
著作者等 辻元 清美
書名ヨミ デマ ト デモクラシー
シリーズ名 イースト新書 069
出版元 イースト・プレス
刊行年月 2016.6
ページ数 277p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7816-5069-2
NCID BB21742715
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22759506
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想