緊急事態条項の何が問題か

関西学院大学災害復興制度研究所 編

憲法改正論議のなかで、テロや震災対応を理由に「緊急事態条項(国家緊急権)」の導入論が加速度を増そうとしている。そもそも、国家緊急権とは何か?議論が手薄であったこの分野に専門家が多方面から切り込み、非常時における国家の役割、市民の役割についても改めて考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 災害と国家緊急権
  • 緊急事態条項の論点
  • 改憲問題としての国家緊急権を考える-自然災害とテロリズムの問題を中心に
  • 災害緊急事態と国家緊急権
  • 緊急事態における人権保障の適用停止と停止し得ない権利

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 緊急事態条項の何が問題か
著作者等 山中 倫太郎
山崎 栄一
愛敬 浩二
棟居 快行
永井 幸寿
稲葉 実香
野呂 雅之
長岡 徹
関西学院大学災害復興制度研究所
書名ヨミ キンキュウ ジタイ ジョウコウ ノ ナニ ガ モンダイカ
書名別名 Kinkyu jitai joko no nani ga mondaika
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.5
ページ数 175p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-061138-1
NCID BB21371384
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22756647
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想