精神分析のとまどい

ジャック・デリダ [著] ; 西宮かおり 訳

精神分析は、欲動の経済論を越えて「残酷さの彼方」を思考することにより、主権の横暴が露わになる戦争や死刑に対抗する言説を紡ぎ出すべきではないか。精神分析の衰退と危機を背景として開催された会議における真摯で率直な提言。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 精神分析のとまどい-至高の残酷さの彼方の不可能なもの
  • アリバイなし

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神分析のとまどい
著作者等 Derrida, Jacques
西宮 かおり
デリダ ジャック
書名ヨミ セイシン ブンセキ ノ トマドイ : シコウ ノ ザンコクサ ノ カナタ ノ フカノウ ナ モノ
書名別名 ÉTATS D'ÂME DE LA PSYCHANALYSE

至高の残酷さの彼方の不可能なもの
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.5
ページ数 173p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-061129-9
NCID BB2135394X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22757649
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想