エストニア紀行

梨木香歩 著

首都に巡らされた不思議な地下通路。昔の生活が残る小さな島の老婆たち。古いホテルの幽霊。海辺の葦原。カヌーで渡る運河の涼やかな風。そして密かに願ったコウノトリとの邂逅は叶うのか…。北ヨーロッパの小国エストニア。長い被支配の歴史を持つこの国を訪れた著者が出会い、感じたものは。祖国への熱情を静かに抱き続ける人々と、彼らが愛する自然をつぶさに見つめた九日間の旅。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エストニア紀行
著作者等 梨木 香歩
書名ヨミ エストニア キコウ : モリ ノ コケ ニワ ノ コモレビ ウミ ノ アシ
書名別名 森の苔・庭の木漏れ日・海の葦

Esutonia kiko
シリーズ名 新潮文庫 な-37-12
出版元 新潮社
刊行年月 2016.6
ページ数 212p 図版16p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-125342-8
NCID BB21291004
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22734062
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想