日本の古典はエロが9割

大塚ひかり 著

古典文学の神髄は、性愛にあり!神々はセックスで国を生み、貴族たちは不倫乱倫にうつつをぬかす。バチ当たりな坊さんたちの弾けた性…底抜けエロス、フルスロットルの文学史!!54のヒメごと。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 性=生=政の時代 日本神話のちんまん模様(セックスのやり方を教えてくれる神話-『古事記』
  • ちんを切るか、まんを焼かれるか-『古事記』『日本書紀』 ほか)
  • 第2章 「まん葉」時代のエロスは底抜け(モンローウォークの豊満美女-『万葉集』
  • 竹取翁はスケベな養父?-『竹取物語』『捜神記』 ほか)
  • 第3章 『源氏物語』-奥ゆかしさの裏の過激なエロス(セックスのしすぎで死んだ?-エロの破壊力-『源氏物語』『栄花物語』
  • 今なら犯罪 ロリコン貴族-『源氏物語』『今鏡』 ほか)
  • 第4章 仏の道もちんまん ゆるい日本仏教のセックス観(女を男にする方法-『昨日は今日の物語』
  • 権力者は親も子も総嘗め-『醒睡笑』『とはずがたり』『富家語』 ほか)
  • 第5章 エロスとホラーは紙一重 近世の不条理な性愛話(愛はホラー-『東海道四谷怪談』
  • 裏切る男を女が追いつめる道成寺型説話-『曽呂利物語』『諸国百物語』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の古典はエロが9割
著作者等 大塚 ひかり
書名ヨミ ニホン ノ コテン ワ エロ ガ キュウワリ : チンマン ニホン ブンガクシ
書名別名 ちんまん日本文学史

Nihon no koten wa ero ga kyuwari
出版元 日本文芸社
刊行年月 2016.6
ページ数 253p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-537-26143-1
NCID BB22599275
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22755475
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想