気になる子の本当の発達支援

市川奈緒子 著

アスペルガー障害や自閉スペクトラム症(ASD)、注意欠如多動症(ADHD)などの発達障害の子どもたち、診断名は出ていないけれど発達が気になる子どもたち、そして定型発達の子どもたち、全員が一人ひとり違う発達の特徴を持っています。こういう時はこうすべき、といった単純なノウハウなどあてはまるわけがありません。保育士・幼稚園教諭のための『発達が気になる子』への本当の支援の方法がわかる本です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「発達の気になる子ども」の支援(保育者は「障害児を含めた」子どもの専門家
  • 「見えないもの」を見る-子どもの気持ちを理解するために
  • 生まれつきの発達特性を知る ほか)
  • 第2章 発達の気になる子どもの保護者支援(「発達の気になる子ども」の育児の難しさ
  • 「発達の気になる子ども」のわかりにくさが親を苦しめる
  • 親は気付いている ほか)
  • 第3章 インクルーシブな社会に向けて-今後の保育の方向性を探る(統合保育の歴史と「気になる子ども」
  • 発達障害の「早期発見・早期対応」
  • 家庭との「共通理解」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 気になる子の本当の発達支援
著作者等 市川 奈緒子
書名ヨミ キ ニ ナル コ ノ ホントウ ノ ハッタツ シエン
書名別名 Ki ni naru ko no honto no hattatsu shien
シリーズ名 これからの保育シリーズ 3
出版元 風鳴舎 : 新日本教育図書
刊行年月 2016.5
ページ数 138p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-88024-537-9
NCID BB22062895
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22756067
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想