イスラームの論理

中田考 著

現代世界が直面しているテロの背景には、やむを得ない実力行使の側面がある。けれど、そもそもイスラームは本当に好戦的なのか。激しい攻撃にさらされてもなお、信仰者を増やし続ける魅力はどこにあるか。イスラームを貧困と暴政に陥れた"真犯人"は誰なのか。日本人がイスラームを理解することはできるのか-。日本人研究者、信仰者としてイスラームを三〇年以上見つめてきた第一人者が、イスラームの深奥を明らかにする。異文化を知ることは、自文化を知ることである。そこに立ち現れる日本の姿とは。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 幾重もの「ヴェール」の向こうのイスラームをいかに理解するか
  • 第1章 イスラームと現代世界
  • 第2章 日本とイスラーム
  • 第3章 アッラー
  • 第4章 預言者ムハンマド
  • 第5章 ウンマの歴史
  • エピローグ 新たな「地平融合」へ向かって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イスラームの論理
著作者等 中田 考
書名ヨミ イスラーム ノ ロンリ
書名別名 Isuramu no ronri
シリーズ名 筑摩選書 0132
出版元 筑摩書房
刊行年月 2016.5
ページ数 302p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-480-01637-9
NCID BB21200836
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22739742
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想