イスラーム世界の論じ方

池内恵 著

日本の言説空間の閉塞状況を乗り越え、イスラーム世界の全体像を理解する枠組みを提示し、真の「対話」の可能性を探る。サントリー学芸賞受賞作(思想・歴史部門)に新たに8篇の論考を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 構造(メディアの射程
  • 思想の円環)
  • 第2部 視座(人質にされたもの
  • 予定調和を超えて)
  • 第3部 時間(夜明けを待ちながら
  • 自由のゆくえ
  • 散らばったパズル)
  • 第4部 対話(乱反射する鏡像
  • われわれにとって「イスラーム」とは何か)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イスラーム世界の論じ方
著作者等 池内 恵
書名ヨミ イスラーム セカイ ノ ロンジカタ
書名別名 Isuramu sekai no ronjikata
出版元 中央公論新社
刊行年月 2016.5
版表示 増補新版
ページ数 533p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-12-004834-0
NCID BB21292889
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22729035
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想