小説の考古学へ : 心理学・映画から見た小説技法史

藤井淑禎 著

同時代読者の読みを求めて。明治40年前後の、小説技法成立史上まれに見る百花斉放期を、グローバルかつ領域横断的な目配りによって、考古学的に跡づける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 小説の考古学へ
  • 第1部 人称・自我・主観客観/多元描写
  • 第2部 感覚・感情・表情/モンタージュ
  • 第3部 記憶・回想・意識の流れ/心理学
  • 第4部 写生文からの離陸
  • 第5部 今、なぜ同時代研究か
  • エピローグ 江藤淳の漱石研究について-読みの方法との関連で

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小説の考古学へ : 心理学・映画から見た小説技法史
著作者等 藤井 淑禎
書名ヨミ ショウセツ ノ コウコガク エ : シンリガク エイガ カラ ミタ ショウセツ ギホウシ
書名別名 Shosetsu no kokogaku e
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 2001.2
ページ数 286p
大きさ 20cm
ISBN 481580401X
NCID BA50766833
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20157779
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想