魯迅と伝統

今村与志雄 著

[目次]

  • 第一部 文化大革命における魯迅
  • 一 魯迅-文学者の独自性と民衆への愛 / 2
  • 二 周揚批判と『魯迅全集』の注釈 / 6
  • 三 〝危機〟のなかに生きる精神-転向の問題と革命時代の文学- / 32
  • 四 魯迅の眼と文化革命 / 38
  • 五 「周揚批判」余話と国防文学論争における陳伯達の立場 / 44
  • 六 『魯迅回想』批判と「三十年代」の伝統 / 87
  • イ 『魯迅回想』の著者馮雪峯の「つまずき」 / 90
  • ロ 胡風批判と『魯迅回想』新版の修正 / 103
  • ハ 『魯迅回想』批判と「三十年代文芸の栄光」 / 122
  • ニ 姚文元の馮雪峯批判について / 143
  • 補論一 中国文化革命と伝統の問題-毛沢東の「老三篇」にふれて / 156
  • 補論二 文化革命への視点 / 176
  • 第二部 魯迅思想の形成
  • 一 魯迅思想の形成-その孤独と抵抗 / 184
  • 二 魯迅と祖母と狼と / 232
  • 三 魯迅と日本文学についてのノート / 243
  • 四 魯迅の原稿について / 255
  • 五 魯迅と范愛農についてのノート / 260
  • 六 『魯迅日記』を読む / 301
  • 七 中国における魯迅評価の変遷 / 308
  • 補論一 エロシェンコと魯迅 / 394
  • 補論二 魯迅とゴーゴリ / 405
  • 第三部 伝統の批判と継承
  • 一 竹林の七賢覚書-阮籍の慎 / 410
  • 二 余地を見る思想-『顔氏家訓』について / 428
  • 三 『今古奇観』と馬琴 / 449
  • 四 老舎の『東海巴山集』と巴金の『憩園』-出発点の固執と飛躍- / 452
  • 五 五四時代の作家たち / 458
  • 六 中国文学の「個性の強さ」 / 463
  • 七 『紅楼夢』論争について / 473
  • 八 何其芳の『詩歌欣賞』について / 488
  • 補論 中国古典の翻訳について / 501
  • あとがき / 517
  • 収録論文一覧 / 541

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 魯迅と伝統
著作者等 今村 与志雄
書名ヨミ ロジン ト デントウ
書名別名 Rojin to dento
出版元 勁草書房
刊行年月 1967
ページ数 541p 図版
大きさ 20cm
NCID BN00989703
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68000010
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想