忍者の歴史

山田雄司 著

黒装束を着て手裏剣を持ち、忍術を使い屋敷に忍び入る-。これらは、近世以降、小説や芸能の世界で作られてきた忍者のイメージに過ぎない。それでは実際、南北朝時代から活躍していた忍者とは一体何者なのか?ある時は敵国へ侵入し、放火、破壊、情報収集をおこなう戦闘員、またある時は大名屋敷や百人番所の警備員…。これまで解明されることのなかった忍者の実像を、歴史資料の研究によって明らかにする!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章
  • 第1章 戦国時代の忍び
  • 第2章 兵法から忍術へ
  • 第3章 忍術書の世界
  • 第4章 江戸時代の忍び
  • 終章 変容する忍者

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 忍者の歴史
著作者等 山田 雄司
書名ヨミ ニンジャ ノ レキシ
シリーズ名 角川選書 570
出版元 Kadokawa
刊行年月 2016.4
ページ数 270p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-04-703580-5
NCID BB21203550
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22754783
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想