途上国における軍・政治権力・市民社会 : 21世紀の「新しい」政軍関係

酒井 啓子【編著】

破綻する国家、解き放たれる軍、戸惑う市民社会。21世紀を迎え、増加する戦争、内戦、そして不正規戦闘。もはやタガが外れたように崩壊し続ける秩序と社会。激しく変動する現実をどう捉えればよいのだろうか?軍、政治権力、そして市民社会が複雑に絡み合う関係を前提に、新しく立ち現れる政軍関係に焦点を当て、危機にたつ現代の国際社会の諸相を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 21世紀の「軍・政治権力・市民社会」間関係
  • 「アラブの春」と政軍関係
  • 第1部 政治権力と軍-国家建設の過程(タイのクーデタ-同期生から「東部の虎」へ
  • スィースィー政権の権威主義化にみるエジプト国軍の役割
  • パキスタン政治の変化と軍の役割
  • イエメン・ホーシー派の展開
  • 革命か、クーデタか-ミロシェヴィッチ体制の崩壊における軍と治安機関の役割
  • イラク国家建設と軍再建の蹉跌-政治の介入と準軍事組織の台頭
  • 分断社会における国軍の相貌-レバノンにおける国民統合と国家建設のトレード・オフ)
  • 第2部 市民社会と選挙-軍の位置づけ(フィリピンにおける新たな政軍関係の展開-「市民的文民統制」は可能か
  • エジプトにおける2つの「革命」と社会運動
  • 民主化期のインドネシアにおける政軍関係と市民社会
  • イランにおける制度的弾圧と一般国民-抑圧的体制下の争議政治としての競合的選挙
  • マレーシアにおけるゲームのルールと軍-相互安全保障による漸進的民主化のもうひとつの道程)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 途上国における軍・政治権力・市民社会 : 21世紀の「新しい」政軍関係
著作者等 酒井 啓子
久保 慶一
五十嵐 誠一
井上 あえか
増原 綾子
山尾 大
末近 浩太
松本 弘
松永 泰行
横田 貴之
玉田 芳史
鈴木 恵美
鈴木 絢女
池田 明史
書名ヨミ トジョウコクニオケルグンセイジケンリョクシミンシャカイ : ニジュウイッセイキノアタラシイセイグンカンケイ
シリーズ名 シリーズ転換期の国際政治 1
出版元 晃洋書房
刊行年月 2016.4.30
ページ数 316p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-7710-2694-0
NCID BB21157067
BB21329038
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想