戒厳令下の文学

陳映真 著 ; 間ふさ子, 丸川哲史 訳

台湾文学史上、きわめて重要な作家、陳映真-厳しい弾圧の時代を生き抜き、八年にわたる獄中生活を送ったのちも旺盛な文筆活動を展開、台湾に住む底辺の人々の悲劇や、多国籍企業の実態とそこに働く人々の心情、白色テロの犠牲者たちなどを描いた衝撃的な作品をつぎつぎと世に問うた。その全貌(小説+散文)を紹介した本邦初の単独文集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 小説(麺屋台
  • 私の弟康雄
  • 将軍族
  • 夜行貨物列車
  • 鈴〓花(すずのはな)
  • 趙南棟
  • 忠孝公園)
  • 散文(鞭と灯
  • 祖先の祠堂
  • 裏道-陳映真の創作歴程
  • 湧き出る孤独-敬愛する姚一葦先生
  • 魯迅と私-日本の「文明浅説」クラスでの講話
  • 宿命的な寂〓(ばく)-戴國〓(き)先生を悼む)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戒厳令下の文学
著作者等 丸川 哲史
間 ふさ子
陳 映真
書名ヨミ カイゲンレイカ ノ ブンガク : タイワン サッカ チン エイシン ブンシュウ
書名別名 台湾作家・陳映真文集
出版元 せりか書房
刊行年月 2016.4
ページ数 362p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7967-0351-2
NCID BB21317083
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22728228
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想