フランスのパパはあわてない

リオネル・パイエス, ブノワ・ル・ゴエデック 著 ; 鳥取絹子 訳

妊娠のサインは?/周囲に妊娠を知らせる時期は?/妊娠中のセックスについて/検診と保健について/胎児の性別について/つわり中に自分にできることは?/陣痛が始まったら?/退院後1週間にすること…etc.フランスで一番読まれている、パパの教科書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1幕 パパから見た妊娠(妊娠検査の前でも、妊娠のサインはありますか?
  • 妊娠検査は、どのような仕組みですか? ほか)
  • 第2幕 分娩室での数時間(僕は血が怖い…その場で失神して、人生最大の恥をかいてしまうのではないかと心配で、心配で。
  • 彼女は出産に立ち会ってほしくないと言う。分娩室に入れてもらうには、どう説得したらいいのでしょう? ほか)
  • 第3幕 病院での数日間(最初の夜は僕も一緒に眠れますか?
  • 訪問客がたくさん来たらどうしよう? ほか)
  • 第4幕 家での最初の1週間…試運転(退院したばかりのわが子に、部屋のツアーをすべきでしょうか?
  • 生後1カ月のわが子に話をすると、どうも自分が間抜けに思えて仕方がない。それでも何か話さなければいけないのでしょうか? ほか)
  • 第5幕 楽なペースで(もう少し僕も睡眠を取るには生活をどう立て直したらいいのでしょう?
  • 薬を飲ませるのに何かいい方法はありますか? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランスのパパはあわてない
著作者等 Le Goëdec, Benoît
Pailles, Lionel
鳥取 絹子
Le Goёdec Benoit
Paill`es Lionel
Paillès Lionel
le Go¨edec Beno^it
ル・ゴエデック ブノワ
パイエス リオネル
書名ヨミ フランス ノ パパ ワ アワテナイ : ニンシン カラ サンゴ マデ ツマ オ ササエル ヒャクロクジュウロク ノ ココロエ
書名別名 PAPA DÉBUTANT

妊娠から産後まで妻を支える166の心得
出版元 CCCメディアハウス
刊行年月 2016.4
ページ数 280p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-484-16103-7
NCID BB21366533
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22766223
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想