まなざしの記憶

鷲田清一 [著] ; 植田正治 写真

未知の思考の地平を切りひらく"試み"として、エッセイという表現方法に早くから取り組み、臨床哲学の立場からやわらかな思索を繰り広げてきた哲学者・鷲田清一。そのアフォリズムにあふれる文章に、「UEDA‐CHO(植田調)」と呼ばれる演出写真で世界的にも高く評価される写真家・植田正治の写真を配して構成。鷲田哲学と、まるで音楽を奏でるような不思議な魅力を放つ写真世界とが「対話」し交響する、珠玉の哲学エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 顔
  • 2 跡
  • 3 肌理
  • 4 空
  • 5 間
  • 6 距離

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 まなざしの記憶
著作者等 植田 正治
鷲田 清一
書名ヨミ マナザシ ノ キオク
書名別名 Manazashi no kioku
シリーズ名 角川ソフィア文庫 L109-4
出版元 Kadokawa
刊行年月 2016.4
版表示 初版
ページ数 228p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-400083-7
NCID BB21426034
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22722328
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想