古代飛鳥を歩く

千田稔 著

六〜七世紀の飛鳥時代は危機と動乱の時代であった。仏教伝来、蘇我氏の台頭と聖徳太子の理想、斉明女帝の大公共工事、大化改新、壬申の乱、そして平城京遷都…。飛鳥を散策すれば、当時の人々の息吹を感じとることができる。現代に生きる私たちとの「近さ」に驚くことだろう。蘇我氏や息長氏などの豪族の足跡、道教や神まつりの痕跡、都城、寺院や古墳などを訪ね、76の章で日本の原風景である古代飛鳥へ読者をいざなう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 飛鳥とは
  • 2 素顔の蘇我氏
  • 3 聖徳太子と推古天皇
  • 4 舒明天皇と息長氏
  • 5 大化の政変
  • 6 斉明天皇と水の祭祀
  • 7 壬申の乱
  • 8 持統天皇と藤原京
  • 9 古寺をめぐる
  • 10 墳墓と遺跡

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代飛鳥を歩く
著作者等 千田 稔
書名ヨミ コダイ アスカ オ アルク : カラーバン
書名別名 カラー版
シリーズ名 中公新書 2371
出版元 中央公論新社
刊行年月 2016.4
ページ数 177p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102371-1
NCID BB21085035
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22740069
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想