復興亜細亜の諸問題・新亜細亜小論

大川周明 著

チベット、アフガン、トルコ、ペルシャ、イラク。第一次世界大戦後、西洋支配の桎梏から抜け出そうともがくアジア諸国の状勢を鋭く分析した「復興亜細亜の諸問題」。日米開戦前後にわたって綴った論考を収めた「新亜細亜小論」。東亜の論客はアジアに何を求めたのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 復興亜細亜の諸問題(革命ヨーロッパと復興アジア
  • チベット問題の由来及び帰趨
  • 英仏俎上より脱出せんとする白象王国
  • 革命行程のインド
  • アフガニスタン及びアフガン問題 ほか)
  • 新亜細亜小論(国民の二つの願
  • 帝国主義的南進論の克服
  • 東南協同圏確立の原理
  • 東亜協同体の意義
  • 亜細亜の組織と統一 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 復興亜細亜の諸問題・新亜細亜小論
著作者等 大川 周明
書名ヨミ フッコウ アジア ノ ショモンダイ シン アジア ショウロン
シリーズ名 中公文庫 お47-3
出版元 中央公論新社
刊行年月 2016.4
ページ数 446p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-12-206250-4
NCID BB21128783
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22754395
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想