通貨の未来円・ドル・元

英『エコノミスト』編集部 [著] ; 池村千秋 訳

通貨の現状を分析し、その未来を予測することは、そのまま、あらゆる経済活動を予測することにつながる。この15年間に部数を155万部に倍増させたグローバルエリート誌英『エコノミスト』編集部とそのシンクタンク「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット」が、総力をあげて、日本、米国、中国の未来を、通貨を通じて分析・予測。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ドルの未来-責任を放棄した王者(ドル支配の限界とコスト
  • 基軸通貨が交代するとき
  • ポピュリストたちの台頭
  • 「最後の貸し手」がいないシステム
  • ニューヨークを人民元取引のハブにする)
  • 第2部 元の未来-両刃の剣(人民元は基軸通貨になれるか?
  • 市場全面開放というトレードオフ
  • 二〇一六年の元安の意味を考える
  • 習近平のジレンマ)
  • 第3部 仮想通貨の未来-究極の基軸通貨か?(絶対に改竄できないサイバー上の公開帳簿
  • 仮想通貨の帳簿が世界を変える)
  • 第4部 円の未来-黄昏の安定通貨(マイナス金利という実験
  • アベノミクスを採点する)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 通貨の未来円・ドル・元
著作者等 The Economist
エコノミスト社
池村 千秋
英『エコノミスト』編集部
書名ヨミ ツウカ ノ ミライ エン ドル ゲン
書名別名 THE FUTURE OF CURRENCIES THE YEN,THE DOLLAR,THE YUAN

Tsuka no mirai en doru gen
出版元 文藝春秋
刊行年月 2016.4
ページ数 221p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-16-390440-5
NCID BB21177712
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22741410
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想