思春期における不登校支援の理論と実践

髙坂康雅 編

首都圏のある私立大学内に設置された適応支援室がかかげた信条は「何も強制しないこと」-大学で不登校児童の支援を行う画期的取組の報告。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 思春期における不登校の理論(思春期の心と不適応
  • 思春期の親子関係と不適応
  • 思春期の発達障がいと不適応
  • アドラー心理学からみた不適応
  • 「さなぎとしての不登校」「さなぎになれない不登校」)
  • 第2部 思春期における不登校の支援:適応支援室「いぐお〜る」(適応支援室「いぐお〜る」の特徴と意義
  • 適応支援室「いぐお〜る」における個別支援の実践
  • 箱庭からみる不登校生徒の心理的変化
  • 子どもの通室に対する親からの評価
  • 不登校支援における学生の成長
  • 適応支援室「いぐお〜る」の課題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思春期における不登校支援の理論と実践
著作者等 髙坂 康雅
書名ヨミ シシュンキ ニ オケル フトウコウ シエン ノ リロン ト ジッセン : テキオウ シエンシツ イグオール ノ チョウセン
書名別名 A Theory and Practice of the School Refusal Support in the Puberty

A Theory and Practice of the School Refusal Support in the Puberty : 適応支援室「いぐお~る」の挑戦
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2016.3
ページ数 200p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7795-1032-8
NCID BB21037859
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22738818
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想