〈宗族〉と中国社会

瀬川昌久, 川口幸大 編

「宗族」という古典的テーマを軸に、実は今、中国社会は新たなうねりを見せている。街や村の襞に分け入り、人々の暮らしに密着し、変化と基調を見つめる手法から取り出された、中国社会の「現在」とは。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 宗族研究史展望-二〇世紀初頭の「家族主義」から二一世紀初頭の「宗族再生」まで
  • 第2章 「中国人研究者」の中国社会文化研究における宗族
  • 第3章 宗族制度と宗族組織-湖北省の事例
  • 第4章 社会的住所としての宗族-福建省客家社会における人物呼称の事例から
  • 第5章 現代中国に息づく親族組織-水上居民の祖先祭祀からの分析
  • 第6章 現代中国の「漁民」と宗族-広東省東部汕尾の事例から
  • 第7章 現代中国における移民と宗族-福建省福州市の事例から
  • 第8章 宗族の形成、変遷そして現在-広東省珠江デルタの一宗族の事例から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈宗族〉と中国社会
著作者等 川口 幸大
瀬川 昌久
書名ヨミ 〈 ソウゾク 〉 ト チュウゴク シャカイ : ソノ ヘンボウ ト ジンルイガクテキ ケンキュウ ノ ゲンザイ
書名別名 その変貌と人類学的研究の現在

〈 sozoku 〉 to chugoku shakai
出版元 風響社
刊行年月 2016.3
ページ数 310p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-89489-231-6
NCID BB20964868
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22754660
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想