グローバリゼーションと国民経済の選択

秋元英一 編

[目次]

  • 1章 グローバリゼーションの歴史的文脈
  • 2章 ポンドの衰退とイギリス国民経済の選択-スターリング地域成立(1939)からEEC加盟(1973)まで
  • 3章 戦後再建期の国際決済銀行-ペール・ヤコブソンの軌跡から
  • 4章 ヨーロッパ石炭鉄鋼共同体による市場統合、1953‐1954年-鉄鋼市況の停滞とフランス鉄鋼業界の対応
  • 5章 1950年代西ドイツの貿易構造とEECの選択
  • 6章 グローバリゼーションの衝撃とドイツにおける選択肢
  • 7章 「EUヨーロッパ」の拡大-国家形成か開発協力か
  • 8章 独立後タンザニア経済と構造調整政策

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グローバリゼーションと国民経済の選択
著作者等 秋元 英一
書名ヨミ グローバリゼーション ト コクミン ケイザイ ノ センタク
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2001.1
ページ数 281p
大きさ 22cm
ISBN 4130401750
NCID BA50192199
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20155359
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想