キリスト教の謎

竹下節子 著

1から13までの各数字に纏わるエピソードをとりあげ、習俗への影響から神学論争、政治と宗教の事件を、最新の研究成果を踏まえて、史学・神学・心理学・美学・社会学などの観点から解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 一神教のはじまり
  • 二元論
  • 三位一体
  • 四〇年の持つ意味
  • キリストの五つの傷
  • 天地創造の六日目に創られたもの
  • 七つの罪と赦しと秘跡
  • 八日は聖母マリアの受胎の日と誕生の日
  • 九つの天井画
  • 十戒と十字架
  • 一万一千人の処女殉教者
  • 十二の星を戴く聖母マリアとヨーロッパ
  • 十三日の金曜日

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キリスト教の謎
著作者等 竹下 節子
書名ヨミ キリストキョウ ノ ナゾ : キセキ オ スウジ カラ ヨミトク : デュー オー ポルシェ ドゥ レグリーズ
書名別名 奇跡を数字から読み解く : Dieu au porche de l'Église

Kirisutokyo no nazo
出版元 中央公論新社
刊行年月 2016.4
ページ数 249p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-12-004845-6
NCID BB21237665
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22742212
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想