オペラ戦後文化論  1

小林康夫 著

表象文化論の旗手のひとりとしてフランス現代思想や文学をその探究の主軸に据えてきた著者が坂口安吾、野坂昭如、石川淳、吉本隆明、田村隆一、大江健三郎、三島由紀夫、土方巽、唐十郎、寺山修司らを通じて、みずからの出自と青年期までの体験を同時代日本の文化的ありように折り重ね、戦後直後から一九七〇年までの戦後文化をダイナミックに論じる。著者の新たな思想展開の第一弾!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1幕 火、共同体の問い
  • 第2幕 風、実存の問い
  • 第3幕 黄金、暴力の問い
  • 第4幕 バッカナール
  • 第5幕 フィナーレ・逆立崩壊

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オペラ戦後文化論
著作者等 小林 康夫
書名ヨミ オペラ センゴ ブンカロン
書名別名 肉体の暗き運命1945-1970

Opera sengo bunkaron
シリーズ名 ポイエーシス叢書 66
巻冊次 1
出版元 未来社
刊行年月 2016.3
ページ数 222p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-624-93266-4
NCID BB21000939
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22745161
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想