宝は田から

佐野賢治 著

「仕合せ」から「幸せ」へ。昭和46年以来通いつづけた山形県置賜地方。自然とのかかわりの中で生きる人々の「しあわせ」に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 方法としての郷土-"しあわせ"の科学・民俗学
  • 2 置賜通い-米の里・米沢
  • 3 宝は田から-自然と人の"仕合せ"・風土
  • 4 十三参り-子供から大人になる"幸せ"
  • 5 大宮講から若妻学級へ-農村女性の覚醒・嫁の"幸せ"
  • 6 "しあわせ"の内と外-日常性の維持
  • 7 地域社会と民俗学-"知恵"と"知識"の融合
  • 附章 ブータンの人とくらし-一〇〇年前の日本農村

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宝は田から
著作者等 佐野 賢治
書名ヨミ タカラ ワ タ カラ : " シアワセ " ノ ノウソン ミンゾクシ ヤマガタケン ヨネザワ
書名別名 "しあわせ"の農村民俗誌山形県米沢
出版元 春風社
刊行年月 2016.2
ページ数 299p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86110-507-4
NCID BB21002038
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22722698
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想