特集 子どもをめぐる質的研究 : 質的心理学研究  第15号

日本質的心理学会『質的心理学研究』編集委員会【編】

[目次]

  • 特集 子どもをめぐる質的研究(青少年女子によるインターネットを媒介とした他者との"出会い"-「ネットいじめ」言説の興隆期に着目して
  • 子どものとなりで育ちを見守る-ある保育者の語りから見る自主保育という育ちの場
  • 聾学校乳幼児教育相談における母子コミュニケーション支援に関する一考察-意味ある他者との関わりを足場として
  • 小学校における「問題」とされがちな子どもの学習を支える授業の構造-協同での学習過程における認知的道具の使用をめぐる事例分析)
  • 一般論文(関係に着目した「発達障害」概念の様相
  • 慢性硬膜下血腫"疾患前"の患者経験-生活に馴染んでいく"症状"
  • ろう者と聴者の出会いの場におけるコミュニケーションの方法-手話を用いたインタビューの会話分析から
  • 発達障害児の母親の語りのなかに見る家族をつなぐ実践-「葛藤の物語」から「しなやかな実践の物語」へ
  • 複線経路・等至性モデル(TEM)による送球イップス経験者の心理プロセスの検討
  • 「宇宙にいた私」との対話-宇宙空間での"つぶやき"に私の変化を見る
  • ワークシートの配布方法の相違が小グループでの問題解決過程に及ぼす影響)
  • BOOK REVIEW(書評特集 質的心理学研究の足下を見直すため、あらためて古典を読む 特集にあたって)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特集 子どもをめぐる質的研究 : 質的心理学研究
著作者等 佐藤 達哉
南 博文
山田 洋子
日本質的心理学会「質的心理学研究」編集委員会
無藤 隆
麻生 武
日本質的心理学会『質的心理学研究』編集委員会
書名ヨミ トクシュウコドモヲメグルシツテキケンキュウ : シツテキシンリガクケンキュウ : 15
巻冊次 第15号
出版元 日本質的心理学会;新曜社
刊行年月 2016.3.20
ページ数 249p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-7885-1464-5
NCID BA56853384
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想