移動と交流の近世アジア史

守川知子 編著

[目次]

  • 第1部 移住(インド洋海域世界のイラン人-シャムにわたった人びとを中心に
  • 近世南アジアにおける人的移動の記録と記憶-デカンのムスリム王朝の出自説をめぐって
  • マンギト朝政権の対シーア派聖戦とメルヴ住民の強制移住)
  • 第2部 旅(オスマン海軍提督のアラビア海からの帰還-北インド、中央アジア、イランを通って
  • ミールザー・ハイダルの生涯と彼のバダフシャーンへの旅
  • 明清交替期の地方士大夫と旅-福建寧化県の李世熊を中心として)
  • 第3部 居住(1730年前後作製のスーラト絵図を読み解く
  • 17〜18世紀初頭のインドにおけるアルメニア商人とイギリス東インド会社-「1688年協約」をめぐって
  • 近世バタヴィアのモール人)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 移動と交流の近世アジア史
著作者等 三木 聰
今松 泰
守川 知子
島田 竜登
木村 暁
真下 裕之
重松 伸司
長島 弘
間野 英二
書名ヨミ イドウ ト コウリュウ ノ キンセイ アジアシ
書名別名 Travel,Migration and Interaction in Early Modern Asia
出版元 北海道大学出版会
刊行年月 2016.3
ページ数 284p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8329-6817-2
NCID BB21035004
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22747709
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想