排除と抵抗の郊外

森千香子 著

[目次]

  • 序章 フランス主流社会とマイノリティの亀裂を問う
  • 1章 フランス郊外研究の視座-空間と結びついたマイノリティの差別と排除
  • 2章 多様化する郊外とマイノリティ
  • 3章 排除空間の形成と国家の役割-フランス的例外か?
  • 4章 「赤い郊外」の変容と都市政策の展開
  • 5章 再生事業と住民コミュニティへの影響
  • 6章 郊外マイノリティの多様な抵抗
  • 7章 風刺新聞社襲撃事件と「見えない断絶」-フランス統合モデルの限界・弊害とマイノリティの疎外
  • 終章 脱領域的なマイノリティ研究をめざして

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 排除と抵抗の郊外
著作者等 森 千香子
書名ヨミ ハイジョ ト テイコウ ノ コウガイ : フランス イミン シュウジュウ チイキ ノ ケイセイ ト ヘンヨウ
書名別名 フランス〈移民〉集住地域の形成と変容

Haijo to teiko no kogai
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2016.3
ページ数 325p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-056109-9
NCID BB20921548
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22746145
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想