EU環境法の最前線

中西優美子 編

[目次]

  • 第1章 国際環境法、EU環境法と国内環境法の相互関係
  • 第2章 EU環境法の原則
  • 第3章 環境分野におけるEUの権限の範囲
  • 第4章 オーフス条約における「司法へのアクセス」とEU環境影響評価指令-環境アセスメント違反の司法審査に関する国際基準の生成
  • 第5章 地球温暖化防止に関する日本とEUの取組み-WTO整合性に関する考察を中心に
  • 第6章 EUにおける動物福祉措置の意義と国際的な影響
  • 第7章 EUにおける生物多様性の保護-生息地及び鳥指令並びにイタリアにおける適用
  • 第8章 EUにおける海洋生物の保護
  • 第9章 EUにおける遺伝子組換え体の課題-動向と諸問題
  • 第10章 福島事故後の日本およびEUにおける原子力安全レジームの課題と見通し

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 EU環境法の最前線
著作者等 De Vido, Sara
Proelß, Alexander
中西 優美子
佐藤 智恵
南 諭子
川崎 恭治
森田 清隆
藤岡 典夫
久住 涼子
Dederer, Hans-Georg
書名ヨミ イーユー カンキョウホウ ノ サイゼンセン : ニホン エノ シサ
書名別名 日本への示唆

Iyu kankyoho no saizensen
出版元 法律文化社
刊行年月 2016.3
ページ数 227p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-589-03746-6
NCID BB21002107
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22734617
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想