近代日本とキリスト教思想の可能性

芦名定道 著

[目次]

  • 第1部 序論的考察-視座と方法(「アジアのキリスト教」研究に向けて-思想の解釈学的構造
  • 日本キリスト教思想史の諸問題-思想史と社会史、そして民衆史へ)
  • 第2部 近代日本とプロテスタント・キリスト教(海老名‐植村のキリスト論論争
  • 海老名弾正と自由主義神学
  • 植村正久と弁証神学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代日本とキリスト教思想の可能性
著作者等 芦名 定道
書名ヨミ キンダイ ニホン ト キリストキョウ シソウ ノ カノウセイ : フタツ ノ チヘイ ガ マジワル トコロ ニテ
書名別名 二つの地平が交わるところにて

Kindai nihon to kirisutokyo shiso no kanosei
シリーズ名 キリスト教研究叢書
出版元 三恵社
刊行年月 2016.2
ページ数 214p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86487-490-8
NCID BB21244809
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22718229
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想