ガルブレイス

伊東光晴 著

二〇世紀アメリカを代表する「経済学の巨人」は何と闘い続けたのか?アメリカ思想の二極対立をえぐり、経済学研究の水準を社会思想史研究の水準に高めてきた著者が、病をおして筆を進めた渾身の作。ケインズによってイギリス論を、シュンペーターをかりてドイツ社会を論じてきた社会経済思想史研究三部作の完結編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 アメリカ-対立する二つの極(アメリカ社会と思想-イデオロギー化する「自由」とプラグマティズム哲学
  • アメリカの経済学-輸入経済学対制度学派)
  • 2 ガルブレイスの半生(生い立ち、そして経済学者への道へ)
  • 3 ガルブレイスの経済学(経済学への前奏曲『アメリカの資本主義』-ガルブレイス流産業組織論
  • 現代資本主義論の提起-歴史に残る名著『ゆたかな社会』
  • 成熟した巨大企業体制の解剖-主著『新しい産業国家』
  • 公共国家のすすめ『経済学と公共目的』-経済的弱者を守る知識人の闘い
  • 『大恐慌』-私たちは歴史に学ばなければならない)
  • 「新しい産業国家」から「新しい金融国家」の中で-ガルブレイスの晩年

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ガルブレイス
著作者等 伊東 光晴
書名ヨミ ガルブレイス : アメリカ シホン シュギ トノ カクトウ
書名別名 アメリカ資本主義との格闘

Garubureisu
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1593
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.3
ページ数 216,8p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431593-3
NCID BB20902146
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22737260
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想