天使とは何か

岡田温司 著

エンジェルとキューピッドは何が違うのか。キリストがかつて天使とみなされていたのはなぜか。堕天使はいかにして悪魔となったか。「天使」と聞いて、イメージが浮かばない日本人はいないだろう。しかし、天使をめぐる数々の謎に直面したとき、私たちは想像以上に複雑な陰影を彼らがもっていることに気づくはずだ。天使とは一体、何者なのか-。キリスト教美術をゆたかに彩る彼らの物語を追いかけてみよう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 異教の神々-天使とキューピッド
  • 第2章 天からの使者として-天使とキリスト
  • 第3章 歌え、奏でよ-天使と聖人
  • 第4章 堕ちた天使のゆくえ-天使と悪魔
  • 第5章 天使は死なない-天使と近代人

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天使とは何か
著作者等 岡田 温司
書名ヨミ テンシ トワ ナニカ : キューピッド キリスト アクマ
書名別名 キューピッド、キリスト、悪魔

Tenshi towa nanika
シリーズ名 中公新書 2369
出版元 中央公論新社
刊行年月 2016.3
ページ数 212p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102369-8
NCID BB2092423X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22730813
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想