〈こころ〉はどこから来て、どこへ行くのか

河合俊雄, 中沢新一, 広井良典, 下條信輔, 山極寿一 著

「もの」と「こころ」をつなぐ回路、心理臨床、幸福研究、グローバル定常型社会、知覚、社会脳、ヒトとサル…。数々のユニークな切り口から、第一線の思想家・研究者が縦横に語る。「京都こころ会議」発、充実のレクチャー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 講演1 「もの」と「こころ」の統一へ
  • 講演2 こころの歴史的内面化とインターフェイス(こころのオープンシステムとクローズドシステム
  • 西洋におけるこころの内面化の歴史 ほか)
  • 講演3 ポスト成長時代の「こころ」と社会構想(現在という時代をどうとらえるか
  • こころとコミュニティ・まちづくり ほか)
  • 講演4 こころの潜在過程と「来歴」-知覚、進化、社会脳(「来歴」とは?
  • 「来歴」によって、多くの謎が解ける ほか)
  • 講演5 こころの起源-共感から倫理へ(黄金律とダーウィンの疑問
  • 類人猿の共感能力 ほか)
  • まとめにかえて-閉じることと開くことの逆説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈こころ〉はどこから来て、どこへ行くのか
著作者等 下条 信輔
中沢 新一
山極 寿一
広井 良典
河合 俊雄
下條 信輔
書名ヨミ ココロ ワ ドコカラ キテ ドコ エ イク ノカ
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.3
ページ数 219p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-022946-3
NCID BB21013588
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22742227
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想