世阿弥

鎌田東二 著

「身心変容」というキーワードから、日本精神史における世阿弥の急進性と革新性を考究し、現代にまで続く思想の系譜をたどる。満を持してはなたれる一大世阿弥論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 中世の再発見-スパイラル史観と現代大中世論
  • 第1章 世阿弥の冒険
  • 第2章 大和の国の祭礼と申楽と細男の舞
  • 第3章 身心変容技法の起源としての洞窟
  • 第4章 身心変容技法の展開
  • 第5章 身心変容技法としての歌と剣
  • 第6章 芸術・芸能とシャーマニズム-柳宗悦「神秘主義」論と岡本太郎「シャーマニズム」論
  • 第7章 神話的時間と超越体験
  • 第8章 トランス身体の探究-宗教における行と身体
  • 終章 世阿弥力顕現-臨機応変力の探究と練磨

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世阿弥
著作者等 鎌田 東二
書名ヨミ ゼアミ : シンシン ヘンヨウ ギホウ ノ シソウ
書名別名 身心変容技法の思想

Zeami
出版元 青土社
刊行年月 2016.4
ページ数 347p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6913-1
NCID BB20955302
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22713538
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想