原発と原爆の文学

小林孝吉 著

[目次]

  • プロローグ 文明史的転換点に立って
  • 1 「3・11」と文学の希望
  • 2 時代といのち-三好十郎
  • 3 原発と文学-井上光晴
  • 4 原発と社会の闇-水上勉
  • 5 原爆の光景と文学-大田洋子
  • 6 いのちと原始の森-後藤みな子
  • エピローグ ポスト・フクシマの希望
  • あとがき-東北の二つの光景など

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原発と原爆の文学
著作者等 小林 孝吉
書名ヨミ ゲンパツ ト ゲンバク ノ ブンガク : ポスト フクシマ ノ キボウ
書名別名 ポスト・フクシマの希望

Genpatsu to genbaku no bungaku
シリーズ名 社会文学叢書
出版元 菁柿堂 : 星雲社
刊行年月 2016.3
ページ数 155p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-434-21736-4
NCID BB21143583
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22740723
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想