ポストモダンを超えて

三浦雅士 編

現代日本の叡智とさまざまな分野にわたる気鋭の研究者がリレー形式で議論を闘わせた連続シンポジウム。混沌とした芸術の現状と未来を見据え、噴出する問題提起、知的格闘の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに ポストモダンとアジア
  • 1 曙光と黄昏-モダンのリミットとしての抽象表現主義
  • 2 音楽論の現在-音楽学・音楽史・音楽批評
  • 3 連続と非連続-日本現代音楽史の欠落が意味するもの
  • 4 漢字圏とポストモダン-「表感文字」の時代へ
  • 5 京劇はポストモダン-二・五次元芸術という考え方
  • 6 芸術、アート、イメージ-アナログとデジタルの狭間
  • まとめ 世界文明と日本文化-21世紀芸術の行方を探る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ポストモダンを超えて
著作者等 三浦 篤
三浦 雅士
加藤 徹
山崎 正和
岡田 暁生
斎藤 希史
河本 真理
片山 杜秀
芳賀 徹
高階 秀爾
書名ヨミ ポストモダン オ コエテ : ニジュウイッセイキ ノ ゲイジュツ ト シャカイ オ カンガエル
書名別名 21世紀の芸術と社会を考える
出版元 平凡社
刊行年月 2016.3
ページ数 453p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-582-20644-9
NCID BB20974726
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22792758
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ポストモダンとアジア 山崎正和 ほか, 芳賀徹, 高階秀爾
世界文明と日本文化 山崎正和 ほか, 芳賀徹, 高階秀爾
京劇はポストモダン 加藤徹 ほか
曙光と黄昏 河本真理 ほか
漢字圏とポストモダン 齋藤希史 ほか
芸術、アート、イメージ 三浦篤 ほか
連続と非連続 片山杜秀 ほか
音楽論の現在 岡田暁生 ほか
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想