非常時対応の社会科学

齊藤誠, 野田博 編

非常時の限界状況の中で徹底的に考え抜く人間と社会を求めて。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 自然災害からの復興-行政的な視点(災害対策と個人情報の利活用
  • 震災緩和と防災法制
  • 縮小都市の復興におけるモラトリアムのあり方
  • 防災集団移転事業などの復興政策の現状と課題
  • 被災時の水平型支援に関する評価)
  • 第2部 非常時における民間の行動規範-福島第一原子力発電所事故を事例として(行動規範としての非常時対応マニュアル-福島第一原子力発電所事故からの教訓
  • 汚染水問題への対応-技術選択、およびリスク対応に伴う合意形成を中心として)
  • 第3部 事前的なリスク対応-金融危機と財政危機(原子力発電所事故から学ぶ金融危機への対処方法
  • 財政の危機管理と政官ガバナンスの問題点)
  • 第4部 事後的な損失負担-原子力損害賠償をめぐって(原子力損害賠償の法と経済学
  • 「原子力損害の賠償に関する法律」の制度的背景-適切なアレジメントを妨げた要因の探求
  • 原子力発電所事故を起こした電力会社の会社更正手続試論
  • 原子力事業者の倒産における原発事故被害者の保護)
  • 第5部 危機対応と財政制約(首都直下地震と財政問題
  • 東日本大震災への対応に要した国民負担について
  • 財政危機と国債金利)
  • 非常時における裁量と規範に関する若干の考察-法学者、経済学者、実務家との対話を通じて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 非常時対応の社会科学
著作者等 斉藤 誠
野田 博
書名ヨミ ヒジョウジ タイオウ ノ シャカイ カガク : ホウガク ト ケイザイガク ノ キョウドウ ノ ココロミ
書名別名 Social Science of Emergency Response

Social Science of Emergency Response : 法学と経済学の共同の試み

Hijoji taio no shakai kagaku
出版元 有斐閣
刊行年月 2016.3
ページ数 430p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-16471-0
NCID BB20840038
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22727145
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想