デカルト全書簡集  第4巻

デカルト [著]

本巻では1640年1月から1641年7月までの81通の書簡が扱われる。これらの書簡は、1640年春に書き上げた主著『省察』初版の出版(1641年8月)へ向け、草稿の回覧や、印刷・表題などの準備に奔走する姿、また『方法序説および三試論』をめぐる数学・自然学に関する多くの新旧学問論争の闘士としての姿など、形而上学・自然学にまたがったデカルトの円熟した思索活動の記録である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • レギウスおよびエミリウスからデカルトへ・ユトレヒト・1640年1月-レネリ追悼演説、プレンピウスとレギウス、レギウスとヴォエティウス
  • デカルトからホイヘンスへ・サントポールト・1640年1月3日-スタンピウン=ワーセナール論争
  • ホイヘンスからデカルトへ・ハーグ・1640年1月8日-スタンピウン=ワーセナール論争
  • デカルトからメルセンヌへ・1640年1月29日-スタンピウンの奸計、落体と重力、白黒の大理石、衝撃の力、弓、紐と滑車、メイソニエ
  • デカルトからメイソニエへ・1640年1月29日-コナリオン、記憶に関わる形質
  • デカルトからワーセナールへ・ライデン・1640年2月1日-スタンピウン=ワーセナール論争(二項数から立方根を抽出する方法)
  • デカルトからホーヘランデへ・1640年2月8日-『イデア・マテマティカ』、数学における歴史と学知、コメニウスの『汎知学』
  • ホイヘンスからデカルトへ・ハーグ・1640年3月8日-「若い数学者」の『円錐曲線論』、或る奇跡譚
  • デカルトからメルセンヌへ・サントポールト・1640年3月11日-物体の衝撃、落下、速度、その他自然学の諸問題
  • デカルトからホイスヘンスへ・サントポールト・1640年3月12日-奇跡譚、望遠鏡作成、スタンピウン〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 デカルト全書簡集
著作者等 Descartes, René
Fauvergue, Claire
三浦 伸夫
久保田 進一
倉田 隆
古田 知章
吉田 健太郎
安藤 正人
安西 なつめ
小沢 明也
小泉 義之
山上 浩嗣
山田 弘明
岩佐 宣明
持田 辰郎
政井 啓子
曽我 千亜紀
東 慎一郎
武田 裕紀
武藤 整司
稲垣 惠一
野々村 梓
長谷川 暁人
香川 知晶
津崎 良典
大西 克智
書名ヨミ デカルト ゼンショカンシュウ
書名別名 1640-1641

Dekaruto zenshokanshu
巻冊次 第4巻
出版元 知泉書館
刊行年月 2016.2
ページ数 407p
大きさ 23cm
ISBN 978-4-86285-227-4
NCID BB07989241
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22706891
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 オランダ語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
1640-1641 三浦伸夫, 中澤聡, 大西克智, 武田裕紀, 津崎良典, 石田隆太, 鈴木泉
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想