物語ること、生きること

上橋菜穂子 [著] ; 瀧晴巳 構成・文

人はなぜ物語を必要とするのか。自分はなぜ物語をつむがないといられないのか。どうしたら自分だけが書くことができる物語にたどりつけるのか。『獣の奏者』『精霊の守り人』を生み出した国際アンデルセン賞作家が、本の虫だった少女時代や文化人類学の研究過程など自らの人生を通じて語る、「物語」とは。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生きとし生けるものたちと
  • 第2章 遠きものへの憧れ
  • 第3章 自分の地図を描くこと

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物語ること、生きること
著作者等 上橋 菜穂子
瀧 晴巳
書名ヨミ モノガタル コト イキル コト
書名別名 Monogataru koto ikiru koto
シリーズ名 講談社文庫 う59-10
出版元 講談社
刊行年月 2016.3
ページ数 214p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-293338-4
NCID BB21266798
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22706407
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想