マスタベーションの歴史

石川弘義 著

「孤独の楽しみ」の快楽と苦悩の歴史。18世紀の幻の書『オナニスム』から現代にいたるまでの歴史資料150点をもとにまとめられた世界で初めてのオナニズムとその理論の歴史。史料図版70点収載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 マスタベーション論の元祖たち
  • 第2章 ウィリアム・アクトンのマスタベーション論-ヴィクトリア朝のセクシュアリティ観
  • 第3章 ヴィクトリアン・アメリカのマスタベーション論
  • 第4章 近代的心理学とマスタベーション
  • 第5章 マスタベーションとアンチ・マスタベーションの論理と心理を総括する
  • 最終章 マスタベーションの復権

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マスタベーションの歴史
著作者等 石川 弘義
書名ヨミ マスタベーション ノ レキシ
書名別名 The history of masturbation

Masutabeshon no rekishi
出版元 作品社
刊行年月 2001.1
ページ数 269p
大きさ 20cm
ISBN 4878933836
NCID BA50495496
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20150578
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想