法と企業統治の経済分析

岩﨑一郎 著

ロシアは、社会主義計画体制から資本主義市場経済へと移行する過程で、先進諸国に匹敵する株式会社制度を導入した。本書は、法と経済学や企業金融論の視点から、同国株式会社の法制度体系を詳らかにするとともに、二〇〇五年および二〇〇九年にロシア全土で実施した独自企業調査に基づいて、その組織と経営の実体を、ミクロ実証経済学的に解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ロシア企業統治研究の眺望-残された課題と本書の狙い及び構成
  • 第1章 ロシア企業の法制構造-株式会社制度の法と経済学的考察
  • 第2章 企業形態-開放株式会社と閉鎖株式会社の比較制度分析
  • 第3章 業務執行機関-合議執行機関編成の経済論理
  • 第4章 経営監督機関-取締役会の組織構成とその決定要因
  • 第5章 監査体制-監査委員会と会計監査人の独立性と専門性
  • 終章 企業統治と組織淘汰-世界金融危機下のロシア企業
  • 補論 日露共同企業調査の概要

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法と企業統治の経済分析
著作者等 岩崎 一郎
書名ヨミ ホウ ト キギョウ トウチ ノ ケイザイ ブンセキ : ロシア カブシキ ガイシャ セイド ノ ミクロ ジッショウ ケンキュウ
書名別名 ロシア株式会社制度のミクロ実証研究

Ho to kigyo tochi no keizai bunseki
シリーズ名 一橋大学経済研究叢書 63
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.3
ページ数 340p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-009924-0
NCID BB20869903
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22729679
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想