このたびはとんだことで

桜庭一樹 著

死んだ男を囲む、二人の女の情念。ミッションスクールの女子たちの儚く優雅な昼休み。鉄砲薔薇散る中でホテルマンが見た幻。古い猫の毛皮みたいな臭いを放つ男の口笛。ダンボールに隠れていたぼくのひと夏の経験。日常に口を開く異界、奇怪を覗かせる深淵を鮮やかに切り取った桜庭一樹の新世界、6つの短編小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 このたびはとんだことで
著作者等 桜庭 一樹
書名ヨミ コノタビ ワ トンダ コト デ : サクラバ カズキ キタンシュウ
書名別名 桜庭一樹奇譚集

Konotabi wa tonda koto de
シリーズ名 文春文庫 さ50-7
出版元 文藝春秋
刊行年月 2016.3
ページ数 296p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-790566-8
NCID BB2096038X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22703302
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想