ラス=カサス

染田秀藤 著

「インディオの使徒」とか「アメリカの父」と称えられる一方、「偏執狂」とか「売国奴」と罵られてきた一六世紀のスペイン人宣教師ラス=カサス。世界史上、ラス=カサスほど、その作品がいく久しく欧米の列強諸国に政治的に利用されて、正反対の極端な評価を受けてきた人物も稀有である。「人類はひとつ」という信念にもとづいて、新世界の住民のみならず、黒人や虐げられた人々の人間としての尊厳、生命と自由を守ることに半生を捧げた行動する人ラス=カサス。ヨーロッパ中心主義的な歴史解釈の孕む独善性を指摘した一六世紀の異色の「歴史家」ラス=カサス。波乱に富んだ彼の人生と数多くの著作は、国境なき社会の到来に直面して、異なる言語や文化を担う人々との平和共存のあり方を模索する現在、数多くのことを教示してくれることだろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 修道士となるまで
  • 2 修道士として
  • 3 正義の実現とインディアスの改革をめざして
  • 4 「人類はひとつ」
  • 5 晩年のラス=カサス
  • 6 「黒い伝説」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ラス=カサス
著作者等 染田 秀藤
書名ヨミ ラス カサス
シリーズ名 人と思想 143
Century Books 143
出版元 清水書院
刊行年月 2016.3
版表示 新装版
ページ数 229p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-389-42143-4
NCID BB21525386
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22699368
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想